微動探査とは

これからは微動探査してから家を建てる時代。


微動探査
新しい地盤調査
 

新しい地盤調査

従来、住宅を建てる時に義務付けられてきた地盤調査は、主にスウェーデン式サウンディング試験といいます(マンション、ビルではボーリング調査が主体)。これらの調査では、地震などがない平常時に、建てる住宅の重さに地盤が耐えられるかを調べるもので、地盤が耐えられないときには、地盤改良工事や杭を打つことで対策します。
しかし、これらの地盤調査では地震の際に、どのくらい地盤が揺れやすいかを調査することはできません。
熊本地震で明らかになった住宅ごとの地盤の揺れやすさは、「微動探査(びどうたんさ)」という、新たな地盤調査方法で知ることができます。微動とは、交通の振動や、河川や波浪などに由来する人間が感じない揺れで、微動探査は4台の高精度の地震計(微動計)を地面に置いて数十分間、地盤の微動を測ることで明らかになります。

 

新しい地盤調査

従来、住宅を建てる時に義務付けられてきた地盤調査は、主にスウェーデン式サウンディング試験といいます(マンション、ビルではボーリング調査が主体)。これらの調査では、地震などがない平常時に、建てる住宅の重さに地盤が耐えられるかを調べるもので、地盤が耐えられないときには、地盤改良工事や杭を打つことで対策します。
しかし、これらの地盤調査では地震の際に、どのくらい地盤が揺れやすいかを調査することはできません。
熊本地震で明らかになった住宅ごとの地盤の揺れやすさは、「微動探査(びどうたんさ)」という、新たな地盤調査方法で知ることができます。微動とは、交通の振動や、河川や波浪などに由来する人間が感じない揺れで、微動探査は4台の高精度の地震計(微動計)を地面に置いて数十分間、地盤の微動を測ることで明らかになります。

地震の揺れ方を調べられる

地震の揺れ方を調べられるのが微動探査

2016年4月に発生した熊本地震では、震度7の大地震が2回発生し、住宅の全壊が8,637棟、半壊が34,726棟発生(2018年4月13日消防庁資料)するなど、住宅に大きな被害が発生しました。この熊本地震では、わずか数10m離れたエリアで住宅の被害が大きく異なるという現象がみられました。全壊している建物が多いエリアと、健全な建物が多いエリアが隣り合っていたのです。原因は建物が建っている場所の地盤の「地震が起きた時の揺れやすさ」の違いによるもので、揺れが大きくなりやすい地盤の場所では、建物の被害が大きくなる傾向がみられました。

これらは、地震があった際に揺れやすい地盤表層地盤増幅率が大きい、また特定の地震の揺れで建物の揺れが大きくなる(建物と地盤の周期が一致し共振)することによります。例えば、揺れにくい地盤の場所で震度5強の揺れが観測された場合、揺れやすい地盤のエリアでは震度6弱、とくに揺れやすい地盤のエリアでは震度6強~7に達することが知られています。

震の揺れ方を調べられるのが微動探査

2016年4月に発生した熊本地震では、震度7の大地震が2回発生し、住宅の全壊が8,637棟、半壊が34,726棟発生(2018年4月13日消防庁資料)するなど、住宅に大きな被害が発生しました。この熊本地震では、わずか数10m離れたエリアで住宅の被害が大きく異なるという現象がみられました。全壊している建物が多いエリアと、健全な建物が多いエリアが隣り合っていたのです。原因は建物が建っている場所の地盤の「地震が起きた時の揺れやすさ」の違いによるもので、揺れが大きくなりやすい地盤の場所では、建物の被害が大きくなる傾向がみられました。

これらは、地震があった際に揺れやすい地盤表層地盤増幅率が大きい、また特定の地震の揺れで建物の揺れが大きくなる(建物と地盤の周期が一致し共振)することによります。例えば、揺れにくい地盤の場所で震度5強の揺れが観測された場合、揺れやすい地盤のエリアでは震度6弱、とくに揺れやすい地盤のエリアでは震度6強~7に達することが知られています。

非破壊、無騒音、無振動

微動探査は非破壊、無騒音、無振動

微動探査は、小型の地震計を地面に置くだけで調査ができる非破壊、無騒音、無振動の調査法で、地面に穴を開けないので舗装やコンクリートの上からでも調査が可能です。従来、スカイツリーなど大型建築物では行われてきた調査法ですが、国立研究開発法人 防災科学技術研究所が住宅向けの新たな調査法を開発し、小型軽量な地震計が開発されたことで、戸建て住宅でも微動探査が可能となりました。

微動探査は非破壊、無騒音、無振動

微動探査は、小型の地震計を地面に置くだけで調査ができる非破壊、無騒音、無振動の調査法で、地面に穴を開けないので舗装やコンクリートの上からでも調査が可能です。従来、スカイツリーなど大型建築物では行われてきた調査法ですが、国立研究開発法人 防災科学技術研究所が住宅向けの新たな調査法を開発し、小型軽量な地震計が開発されたことで、戸建て住宅でも微動探査が可能となりました。

短時間で測定

微動探査は短時間で測定

微動探査の測定は、機器を4台設置して16分測定し、置き方を変えて3台でもう16分測定するだけです(6台を用いて16分間のみで測定する方法もあります)。何を測っているかというと、よくある揺れを与えて測っているとか、超音波を発して測っているものではありません。周辺の川の流れや車が走っている際などに起こる、人間が感じない微小な振動の伝わり方を微動計(高精度地震計)で測ることで、その下がどういう地盤の構造か、ということがわかります。この機器自体が気象庁などで震度の測定にも使っている地震計と同じ仕組みとなります。非常に細かい揺れでも、手で地面を小突いた程度でも楽に拾えるような高精度の地震計によって、地下30〜200メートル程度まで測ることが出来ます。

微動探査は短時間で測定

微動探査の測定は、機器を4台設置して16分測定し、置き方を変えて3台でもう16分測定するだけです(6台を用いて16分間のみで測定する方法もあります)。何を測っているかというと、よくある揺れを与えて測っているとか、超音波を発して測っているものではありません。周辺の川の流れや車が走っている際などに起こる、人間が感じない微小な振動の伝わり方を微動計(高精度地震計)で測ることで、その下がどういう地盤の構造か、ということがわかります。この機器自体が気象庁などで震度の測定にも使っている地震計と同じ仕組みとなります。非常に細かい揺れでも、手で地面を小突いた程度でも楽に拾えるような高精度の地震計によって、地下30〜200メートル程度まで測ることが出来ます。

改ざんの心配なし

微動探査は改ざんの心配なし

微動探査は地震や竜巻、水害などの災害について研究している国立研究開発法人 防災科学技術研究所によって開発されました。この微動探査のデータは、計測後すぐに防災科学技術研究所にデータを送り解析をするので、改ざんの心配もない正しい情報を得られる技術となります。

微動探査は改ざんの心配なし

微動探査は地震や竜巻、水害などの災害について研究している国立研究開発法人 防災科学技術研究所によって開発されました。この微動探査のデータは、計測後すぐに防災科学技術研究所にデータを送り解析をするので、改ざんの心配もない正しい情報を得られる技術となります。


 

 微動探査をご希望の方はこちら。

 
電話でのお問合せ
   
メールからお問合せ
 
お気軽にお問い合わせください。
 

HOME | 微動探査とは